<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ポルトベーロの魔女 | TOP | 「気だてのいいひと」宣言 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
新世界より
評価:
貴志 祐介
講談社
コメント:千年後の世界に巻き起こる、新感覚ホラーSF!

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:小説全般
 
貴志さん久々ー!
ホラー苦手な私にホラー小説を買わせてしまうだけの筆力を持つ彼。
ああ、ホラーじゃないものを書いてほしい・・・
青の炎みたいなテイストを・・・
という私の願いがようやく叶い嬉しい限りです。
まあホラーの要素ももちろんあるんだけど。

舞台は千年後の日本、愛する地元茨城県。まあこの時代は県なんてなくなってますが。
数百年前、呪力を使えるようになった人間は、能力者と非能力者の間で大きな戦争、殺し合いが行われ、結果日本と日本人は壊滅。最終的に戦いに勝った能力者が、過去の過ちを繰り返すまいとして様々な試行錯誤の上に作り上げられた社会システム。
しかしそれも、割れたつぼを修復しても隙間から水がこぼれだすように、いつ壊れてもおかしくない危険をはらんでいたのだ。

決して入ってはいけないと言われた土地に足を踏み入れた少年少女、そこでのある生物との遭遇が、彼らの運命を大きく狂わせることになる。
そして10年の時がたち、人類は再び大きな危機にさらされることになり、かつての少年少女は、人類を守るため、命を賭して悪鬼に立ち向かうことを決意する。


分厚い文庫が3冊。
しかし一気に読破!
構想がすごいしっかりしてるのに感服。
そんでやっぱ怖いとこは怖い。
そして最終的には人間としての生きかたを考えさせられる問題提起。
激しく同意な最後の一文。
あますところなく楽しませていただきました!



00:03 | か行(貴志祐介) | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
00:03 | - | - | -
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://trip-in-words.jugem.jp/trackback/276

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ