<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< パレード | TOP | 食道かたつむり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
シュガータイム
評価:
小川 洋子
中央公論社
コメント:気がついたら異様な食欲を感じるようになったかおるが過ごす、ひとときのシュガータイム。

JUGEMテーマ:小説全般
JUGEMテーマ:読書
 
小川洋子にしては少し青臭かった、というイメージ。

申し訳ないが言いたいことが分からなかった。
あと、そんだけ食べてるのに「体重の
値さえ、ベストの値から1グラムも増えていなかった」ことが
ダイエット中の私としては理不尽でイライラした(笑)

食欲の異常な増幅の原因としてあげた2つの出来事(弟の引越しとホテルのアイスクリーム)も、全く分からなかったし(文中で本人も分からないと言ってるけど、作者くらい何か考えての設定だよなあ?)、青春というには特に何もなさすぎる気がする。

巻末にシュガータイムとはなんぞや、というのを説明するのも気に食わない。
親友の真由子に「私たちが一緒に過ごした時間って」というが、
真由子とかおるがそこまで濃密な時間を、青春時代を永く深く共にしてきたという事実が
掘り下げたりないので台詞が薄っぺらく感じた。

つまらなくもないんだけど、小川洋子の書く本って
どうも私にはしっくりはまらないみたい。

20:48 | あ行(小川洋子) | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
20:48 | - | - | -
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
トラックバック機能は終了しました。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ