<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ぼくと、ぼくらの夏 | TOP | 私が彼を殺した >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
君に舞い降りる白
JUGEMテーマ:読書



JUGEMテーマ:小説全般


舞台が鉱石店のため、石についての話題が色々と出てくる、ということ以外にはとりたてて特筆することがない作品。

昔の失恋をひきずり、「もう恋はしない」という決意を抱いていた主人公が、再び恋に落ちた相手は、昔の恋人の影を自分に重ね合わせていた。
という話。

もう恋なんてしないなんて
言わないよ
絶対。

一生1人の人を想い続けていくなんて、
する意味もなければ出来ることでもないんだろう。
人間は恋する生き物だから。

こういうあっさりした中身の作品なら、
もう少し短くまとめたほうが良かったのではないかと思った。
量が多いわりにストーリー展開がゆったりなので
「青春小説」と銘打っているにも関わらず、読後の爽快感がない。
残念。


16:06 | さ行(関口尚) | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
16:06 | - | - | -
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://trip-in-words.jugem.jp/trackback/184
TRACKBACK
2010/08/23 10:00 AM
もう誰も、好きにならない。鉱石店でアルバイトをする大学生の修二は、そう心に決めていた。 しかし、店に来る少女・雪衣のことが少しずつ気...
粋な提案

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ