<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
卵の緒
評価:
瀬尾 まいこ
新潮社
コメント:「母さん、育夫は卵で産んだの」 親子の証はへその緒ではない。育夫がものすごい好きなんだからそれでいいじゃない、という母と、母さんはとりあえず僕のことがものすごく好きらしいからそれでいいか、と思う息子。夢物語なのかもしれない。それでも心温まる物語。

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:小説全般
 

あっけらかんとした母だ。
「キッチン」のオカマのお母さんのような、
「プール」の小林聡美のような、
「人のセックスを笑うな」の永作博美のような、
明るくさばさばとして物事を隠さない、子供をひとりの人間として扱う母。
でもそのぶんだけ、子供は子供らしくいられない。大人にならなくてはいけない辛さもあるだろう。

育夫は母の実の子供ではない。
父親もいない。
母には好きな人がいて、その人とキスをしてその先もしちゃってね、なんてことも逐一育夫に報告する。
そして赤裸々に自分が育夫をどれだけ愛してるかってことも、伝える。

そうして育夫は知る。
親子の絆は、掴みどころがなくてとても確かなもの。だいたい大切なものはみんなそうだ。


あまーい!!
と言われたら極上に甘い物語だ。
現実に育夫の立場だったらそんな風に親子の絆はへその緒じゃないぜ、かあちゃんに愛されてるからかあちゃんに実の子が出来ようがそんなの関係ないぜ、と思えるほど小学生は、中学生は大人だろうか。いやたとえ大学生でも、社会人だって無理なものは無理なんじゃないか。
・・・そうは思うものの、物語なんだから甘く素敵なお話にしたっていいじゃない、という気持ちもある。
なかなかにそう綺麗事ばかり信じてもいられない世界なのだから。
意図的に甘さを貫いているなら、著者はとても強い人なんだと思う。


7’s blood もなかなかに好きでした。

半分だけ血の繋がった姉と弟。
父の愛人の子、七生は母が刑務所に入ったため、七子の家に引き取られることになったのだが、母が体調を崩し入院することになったため、七子と七生の二人暮らしが始まる。
いつも人の顔色を窺い、常に「良い子」を演じる七生に苛々を募らせていた七子だったが、だんだんと七生が背負っているものが分かるようになり、二人で手を取り合って生きるようになる、という話。

「卵の緒」とは対照的に、血の繋がりを重要視した作品だ。
父も母もなくし、だけど半分でも血の繋がった存在が確かにこの世に存在するという事実に勇気をもらい、生きる糧としている。
なぜこの2つの作品を一つの本としてまとめたのか。
作者の意図するところはどこにあるのか。
どちらかひとつの主張に固執させることを避けたということなのだろうかな。

22:44 | さ行(瀬尾まいこ) | comments(0) | trackbacks(0)
天国はまだ遠く
評価:
瀬尾 まいこ
新潮社
コメント:離れてこそ、分かるものがある。

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:小説全般
 
自殺を決意し、たどり着いたのは日本海近くの山奥に佇む民宿。
一大決心の元に行った自殺も失敗に終わった千鶴は、自然の中で自然の流れに沿って生きる田村さんの姿に心癒されていく。
時が経ち、自然の中での暮らしに慣れた千鶴の胸に沸いたのは、「ここは自分の居場所ではない」という想いだった。
そして千鶴は民宿を去ることを決意する。


「百万円と苦虫女」という映画で、こんな台詞があった。

「農家は都会もんの心を癒すためにあるんでねえ」

ぐさっときた。
ヨルダンに行ったとき、ペトラ遺跡の山のてっぺんにテントを張り、ひとり暮らすおじーちゃんを見て思った。
自然は素晴らしい。ペトラから見える景色は本当に素晴らしい。でも私には彼のような暮らしはできっこないのだ。私はほんの数時間この景色を眺めたらこの場所を去ると知っているから、ここの景色はこんなにも美しく目に入るのだ、と。
そのことに気づいた瞬間、私が口にする「美しい」という言葉と、彼が口にするその言葉の間にはどれほど大きな壁があるのかということを思い知った。同時に私は彼に富士山の素晴らしさを伝えたいと思ったのだ。

「日本はどうしようもない国だ」と言う日本人は少なくない。
だが日本以外の国を「どうしようもない国だ」と言えるほどに知っている人がその中にどれだけいるというのだろう。
嫌なところが目につくのは、そこが自分の根をはった場所だからだ。
いいところだけを持って立ち去れる旅行者ではないからだ。

だからこそ、辛さや苦しみの感じるその場所で、まだまだ生きていこうじゃないかと本書は語る。
何の不満もない天国のような場所があるとするなら、そこはあなたの居場所ではないのだと。


シンプルで可愛らしい物語ではある。
しかしただそれだけと言うこともできる。
もう一歩深く分け入って欲しい。なんて偉そうに言うのは憚られるのだけれど。


21:30 | さ行(瀬尾まいこ) | comments(0) | trackbacks(0)
強運の持ち主
評価:
瀬尾 まいこ
文藝春秋
コメント:直感勝負の占い師、ルイーズ吉田が垣間見る、様々な人の人生の断片。登場人物の誰もがどこか身近に実在しそうでいて、ほんの少し現実離れしているという距離感が、読むのになんとも心地よい小説。

JUGEMテーマ:小説全般
JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:読書

表紙の絵が、昔中学生の頃に使っていたクリアファイルの絵を書いた人のだった。
ので買ってみた。
瀬尾まいこさんの本は昔に何か読んだことがあるのだけど、
忘れてしまった。 

さて、この本はOLだった主人公が占い師に転職し、色んな人を占っていくうちに
ちょっと突っ込んでその人の人生に触れていく、という
連作短編集?

期待以上に面白かった。

主人公が占い師っていうのも面白いし、
主人公の彼氏のぽわぽわ加減も可愛い。
登場人物の誰もが、どこかに実在しそうで、
それでいてどこか少し非現実的。

物語が終わっても、物語の中の世界は永遠に続いていくように
感じられた。
23:39 | さ行(瀬尾まいこ) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ