<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ボロボロになった人へ
JUGEMテーマ:小説全般


はっきり言う。
私はこの本が嫌い。
まず「ボロボロになった人へ」という題名。
これを手にとってしまう自分にまず自己嫌悪だ。
心のどこかに、「私ボロボロだわ」と思っていなければ、
まず手に取らなかったに違いない。

さらに作者は「ボロボロになった人へ」向けてこの本を書いている。
少なくともこのような題名をつけたのだから、そうなのだろう。
ボロボロになった人へ向けて、ボロボロになっている人の話を
延々と書く。
私からしたら、「だから何」だ。

そうだ、題名がいけないのだ。
題名がこんな題名をしているから、
私はこの本に救いを求めてしまった。
それがそもそもの間違いだ。
この本に罪はない。
小説は私のカウンセラーじゃない。
だけど、そう私に勘違いさせないためにも、
この本はこんな題名にすべきではなかったのだ。

これはボロボロにはなっていない人のための本だ。
私はこの題名を心底憎んでいるように思う。
14:36 | ら行(リリー・フランキー) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ