<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
黄泉がえり
評価:
梶尾 真治
新潮社
(2000-10)

映画、観てないけど、やってたなあと思って手にしてみました。
感想は・・・んーいまいち。
熊本市で死者が次々とよみがえってくるって設定は面白かったと思うんだけど、
戸籍のために市役所に人が殺到するとかって、えーそこなの?みたいな・・
死者がよみがえってるのに真っ先に行くのが市役所なのかい。
その、死んだと思ってた人に生き返られちゃった人の気持ちってのは
よく描写されてたと思うし、思うんだけどちょっとあちらこちらの事例を
あげるものだから感情移入は難しかったし、
同じような話が続いてちょっとだるいなって思った。
最後のしめかたもちょっとねぇ。
ずるいよねぇ。

22:22 | か行(梶尾真治) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ