<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ユリイカ
昔、図書館で借りて読んですごい良かった、という記憶だけ残っていたので古本屋で購入。
バスジャック事件で生き残った二人の兄妹と運転手が、それぞれの心に闇を抱えながら共に暮らし始める話。

この本を語るのはとても難しい、と思う。
映画が先行してできているからというのもあるのか(?、そういえば妹役は宮崎あおいだってことをさっき知った。映画はみてない)、直接的にそれぞれの感情が書かれてなく、もっと漠然とした風景や言葉でさらに大きなものを表そうとしている感じがした。苦しみや辛さという言葉では表せない感情がこの本の中にあふれていて切ない。
22:09 | あ行(青山真治) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ