<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
バルタザールの遍歴
「私の筆跡にやや乱れが見えるとしたら、
それはバルタザールが左手で飲み、私が右手で書いているからだ。」

ひとつの肉体に宿ったふたつの魂、メルヒオールとバルタザールの物語。
日本人が書いたとは思えない、訳された洋書かと思い違いをしてしまいそうな本。
それほど登場人物の言い回しとか、背景の描写とかが外国風、舞台の雰囲気にぴったり。

多重人格(メルヒオールとバルタザールはちょっと違うみたいだけど)の物語はたくさんあるけど、これはダントツに面白い。こういう設定をすると二重人格、というところにばっかり視点がいってしまいそうなものだけど、まずこの主人公たちは当然のことのようにそれを受け止め、狂人扱いされてもそれを隠そうとしないし。むしろ楽しそうにやっていて、お互いをすごく思いあってるのがいい。だからこそ視点はそこを抜け出して、愛とかしがらみとか、ともすれば政治とか、そういうところにもどんどん入っていける。

一人の体にはいった二人がどこへいっちゃうのか、気になって一気に読んじゃいました。
21:33 | さ行(佐藤亜紀) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ