<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
恋それとも愛―パートナーズ
短編集。6つの二人の形。

「ひとりでは生きていけないから、一緒にいるんじゃないの。ひとりでも生きていける。でも、一緒にいたい。一緒に生きていきたい。それが、本当の相棒じゃない?」

いろんな形があると思う。何が正しいとかではなくて。
合う合わない、の問題なのかなあ
努力しても無駄なのかなあ
努力する気もなかったみたいだけど
22:07 | か行(鎌田敏夫) | comments(0) | trackbacks(0)
世界で一番ロマンチックな海
短編集。

高校2年の夏、海辺で初めてのキスをしたぼくと葉子の、
すれ違ってばかりの、恋愛物語。

二人の心が再び出会うのは、20年後の、あの砂浜。

「私、死ぬときは、あの病院で死ぬの」
21:34 | か行(鎌田敏夫) | comments(0) | trackbacks(0)
恋愛映画
評価:
鎌田 敏夫
新潮社
(1991-12)

最近読みっぱなしで感想書いてなかった・・・

この本は、全部会話文。
ストーリーは10のセクションに分けられていて、
そのひとつひとつに映画のタイトルがつく。
主人公の二人は、映画の話をしながら
その関係を変化させていく。

見たことのない映画もけっこうあったんだけど、
本筋のストーリー以外でも、その映画に関して述べられる話というのが面白い。
こんな風に映画の話をしながらデートできたら楽しいだろうな。
21:15 | か行(鎌田敏夫) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ