<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
黄昏の岸 暁の天―十二国記 (講談社文庫)
JUGEMテーマ:読書


ひさっびっさーに読書。
したのが十二国記とかどうなんw
活字離れしてる証拠かなあ。

えー今回は泰麒と泰王が行方不明になっちゃって、
李斎が命からがら戴を逃げ出し慶国の王、陽子に助けを求めにくる。
で、他国の麒麟を集めて蓬莱へ泰麒を探しにいく
というお話。

泰王はどうしているのかしらー
十二国記、なかなか本屋においてないんよねぇ
集まらない。
23:04 | あ行(小野不由美) | comments(0) | trackbacks(0)
月の影 影の海
噂の十二国記シリーズ、一気に読んでしましました。

ファンタジー小説で、まあごく平凡に暮らしていた女子高生の主人公のもとに変な奴が現れ変な怪物に襲われ変な国に連れて行かれ戦わざるを得なくなるという、ストーリーからいったらべったべたなファンタジーで実は読むのちょっと恥ずかしくて、しかもさっきネットで調べてたらNHKのアニメで放送されたらしいし十二国記のイラストサイトとか十二国記の世界へレッツゴーみたいなサイトとか、あげくの果てにはコスプレサイトもあってすごくA-GIRLになってしまったみたいでちょっと嫌なんですが、

が、

けっこう筆力があるというか、そのへんのアニメを文字にした感じじゃなかったというか。
まあ面白かったってことです。はい。前半は若干うさんくさかったけど。
他のシリーズも読んじゃうかもー漫画にも手ぇだしたらさすがにやばいかな笑
21:31 | あ行(小野不由美) | comments(0) | trackbacks(0)
風の万里 黎明の空
また読んだー十二国記。順番通りじゃないけど、月の影〜の陽子の話だったから分かりよかった。
まーあんまり感想とか書くことないかも。
ああこいつ駄目だなあーっていうのがはっきり分かる
そんでもってああこれがきっかけで強くなるのねーっていう展開すらはっきりしてる
なんてシンプルな本!
漫画だね。これは。
でも漫画だとなんかオタッキー感満載になりそうな話だから
小説で楽しみましょうみたいな。
結局全部読破してそう。
21:11 | あ行(小野不由美) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ