<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
エミリー
本を買う前に作者名と作者の顔をよくよく見ていたらきっと絶対に間違いなく買わなかっただろうと思われる本。

でも悪くなかった。

古風な感じの丁寧な書かれようが
(全てですます調だし、今時あなたを貴方、って呼ぶなんてねぇ)
うそ臭いといったらうそ臭いし、独特な世界観といえばそのようでもある。

登場人物の全てがどこか弱弱しくて、壊れてしまいそうで
作者の性格に多大な影響を受けているような気がするような。

でもこの人、「下妻物語」の著者だったんですねぇ
全然知らなかった。
下妻の原作も少し除いてみたいかも。
作者の彼が違う作風の本を書けたとしたら
面白い。
21:10 | た行(嶽本野ばら) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ