<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
姫君
評価:
山田 詠美
文藝春秋
(2004-05)

おぉぉぉお。

ヒット。

あんまり恋愛小説って好きじゃないんだけど。
なんとなく山田詠美敬遠してたとこあったんだけど。
昔一度読んだ本が嫌いだったから。
今この本を読んで、どうしてこんなに気に入ったのか不思議なくらい。

こりゃいいっすよ。オススメ。


【MENU】
幼い頃に母親が自殺して、叔父の家に引き取られた時紀。
他人に必要とされることを嫌い、「自分が一番好き」という時紀と義妹の聖子。


なんだか、グサリ。とくる作品。
他人、という全てのものを否定しているか
のように見えるトキだけど、
ただ愛するということの恐ろしさに
怯えているだけ、という感じがする。


自分を差し置いて一人の人間を愛せるのは、そのために、
他のすべての人々を破棄できる奴だけだ。



ほんとうに、そうだ。
皆が幸せになんて、無理。
何かを選ぶしかない、
たくさんのMENUの中から。



【フィエスタ】
あの、これ、ものすご笑いました。
駅の構内のパン屋さんで読んでたので
あたしのニヤニヤ顔はさぞかし
不気味に見られていたことでしょう・・;


主人公は、ズバリ「欲望」
そのご主人様はいわゆるブサイクというやつで、
同じ社内の男性に恋をし、
それが純情な恋だと勘違いしその実、
欲望をムラムラさせているわけですが。


そんなご主人が、
「私、ひたむきにあなたを思ってるわ」
なーんて考えちゃってるわけだから
いつまでも欲望は解消されず、
この「欲望」さんはご不満な様子。


つくづく、隣の課の馬鹿女の欲望が羨ましい。いつも、すっきりと発散していて、私のように膿を溜めることもないのであろう。・・・ただ、時にはこのもやもやを解消したいのだ。・・・ああ、このもやもや。何?それこそが私のアイデンティティを形成しているだと?誰だ、そのような戯言をほざくのは。ち、理性、お前か。


ところが、↑の馬鹿女と愛する男性が婚約発表。
とうとう、ご主人様、欲望爆発!



殺したい、ああ殺したい、殺したい。けれど、主人は殺すかわりに犯すことを選んだ。
 あせったのは、私だ。おいおい、喪服着たままで良いのかよ。仕方ない。喪服着た性欲も、また魅力的だ。いいぞ!やれ、やっちまえ。・・・とうとうここまで来たか。今まで我慢してきたこと全部してやる。とりあえずは高笑いだ。わーっはっはっは。理性よ、ぐっすりと眠りたまえ。


そして、解放された欲望が迎えるラストは・・・。



【姫君】
うー。これまたイイデス。
姫子のキャラがまたかわいい。
支配される側と、支配する側と、
愛と、生と、死と。
男と女の愛の関係が、ああ、わかる。という感じ。
この作品は、言葉じゃ伝わらない。読まなきゃ伝わらない。
ね、さぁ読もう 笑


HITOMIの表紙絵もいい。

13:12 | や行(山田詠美) | comments(0) | trackbacks(0)
マグネット
罪と罰、をテーマに描かれた9つのストーリィ。

 姫君、のほうが面白かったなぁ。
 あたしはやっぱり山田詠美は好きになれないのかもしれない。

 だってこの人の文章は、どこかえらそうで、
 どこか村上龍に似ている。(村上龍は嫌いではないけど) 
 ものごとの真理(と彼女が思っていること)は、すごく直接的に文章に表される。
 
 彼女とは恋愛したくない、
 と思ってしまう恋愛観。 
 
 【瞳の致死量】なんかは面白かったかも。
 幸せというものを、とことん、(ほんとうにとことん)他人との比較で図る二人。
 終わり方はものすごく、嫌い。
13:00 | や行(山田詠美) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ