<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
Heaven Eyes
評価:
David Almond
Listening Library
(2001-04-10)
久々に日本語で本を読んだ気がします。
でもやっぱり原書で読むことの大事さを実感。
面白かっただけに。

これ、児童書なんですけど。
主人公は孤児院(?)に暮らす子供たち。ある日自由を求めて孤児院を抜け出すんです。
筏に乗って。
そこで出会ったのがヘヴン・アイズとグランパ。
ヘヴン・アイズの手には水かきがついていて、彼らは人間のことを「幽霊」だと言います。
そして徐々に明かされていくヘヴン・アイズの秘密・・・。

この著者って、なんかすごく風変わりな人なんじゃないかって
勝手に想像してます。小説家って皆かわりものかもしれないけど。
現実の世界からふっと遠ざかっていく感覚を覚えます。

どんなことの中にも一筋の希望を見出すことのできる
天国の瞳。
純粋なヘヴン・アイズのものの見方や、主人公たちの母親への思いや、
筏に乗って流れていく人生だとか
いろんなことを考えました。

言葉を良く知らないヘヴン・アイズ。
Do you understand? という問いかけに対してリカイってなぁに?と返すのですが
原書では「何処の下にたつの?」という文章になっているらしい。
それにヘヴン・アイズはよく〜だねだねって言うんだけど、英語でなんていってるんでしょう?
この前、英語の詩を読んだのですが(詩というよりは言葉遊び?)
日本語に訳してもナンセンスすぎて。(和訳されて出版されてますが)
HEAVEN EYESもぜひ、原書で読んであげたい1冊です。
21:59 | 海外(David Almond) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ