<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
となり町戦争 (集英社文庫)
ある日、となり町と戦争が始まったという記事を目にする。
僕は偵察員に任命される。
しかし僕の目にうつるのは、いつもと変わらぬ町の様子。
ほんとうに戦争は始まっているのか?
ほんとうにどこかで人が死んでいるのか?
分からないままに戦争は始まり、そして終わる。
僕がそこから学んだこととは。

不思議な雰囲気。面白い本だと思う。
だけど作者の言わんとすることが
ちょっと直接的な文字になりすぎてるのかな。
好みだけど自分の場合、ちらりちらりと、わかるかなあ、ってくらいに
登場人物の台詞や行動の中に隠してあるほうが好き。
かくれんぼみたいで楽しいじゃない。

日々戦争なのだ。
21:28 | ま行(三崎亜記) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ