<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
評価:
有馬 頼義,猪熊 弦一郎,井伏 鱒二,大佛 次郎,尾高京子,ほか
中央公論新社
コメント:猫にまつわる話。

JUGEMテーマ:小説全般
JUGEMテーマ:読書
 
ちなみに「犬」は吉田篤弘氏、こちらの「猫」は奥さんの担当。

こちらも井伏鱒二、谷崎潤一郎、柳田國男などなど早々たる顔ぶれ。

面白いのはやはりというかなんというか、犬で語られる話は「犬と人間」という構図なのに、猫の話のときには「猫」という感じがする。
猫という動物が人と一線を画しているがゆえに、猫を語るときには、人から見た猫の世界を描写するという形になってしまうのかもしれない。
「私は猫に飼われている」とさえ語られているのだから。

22:29 | か行(クラフト・エヴィング商會) | comments(0) | trackbacks(0)
評価:
幸田文,川端康成,志賀直哉,伊藤整,長谷川如是閑,網野菊,林芙美子,阿部知二,徳川夢聲
中央公論新社
コメント:犬のでてくる話。

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:小説全般
 
犬が出てくる随筆集。
川端康成、志賀直哉などの文豪たちが、犬との生活を語る。

昔の人の犬に対する考え方というのは今とだいぶ違うのが面白い。
人生のパートナーというよりは、玄関に防犯カメラをつけとくか、といった様相。

しかしやはり、生き物が生き物と一緒に暮らすということは、もうどうしてもドラマが生まれざるをえないわけである。
どんな話であれそれはやはり興味深いものだ。

こういうのは、なかなか無い本だ。
装丁がとても可愛い。
読み返すことはないかもしれないが、なんとなく傍らにおいておきたいなと思う本。
22:20 | か行(クラフト・エヴィング商會) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ