<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
君たちに明日はない
評価:
垣根 涼介
新潮社
コメント:クビ切り屋の真介がゆく!恋に仕事に、社会人ってやつは辛いぜ?

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:小説全般
 
ザ・サラリーマンって感じですか。
主人公が見た目おっさん、中身少年って感じの
女にもてそうな・・B型っぽい。

様々な働き方。
リストラを宣告された社員たちのそれぞれの思いと決断。

軽い小説だなあ
ちょっと時間が空いた時間に。
こむずかしい物語に疲れたときに。

11:44 | か行(垣根涼介) | comments(0) | trackbacks(0)
午前三時のルースター (文春文庫)
数年前にベトナムで行方が分からなくなった父親を持つ息子、慎一郎は父親を探しにベトナムへ行くことに。トラベル・エージェントの長瀬はその付き添いを頼まれる。なぜか付いてきた長瀬の同級生の源内と、運転手ビエン、ガイド役メイと共に父親を探すのだが、何者かがその行く手を阻む。彼らは一体何者なのか。父親はなぜ日本に帰ってこないのか。慎一郎が突きつけられた真実とは。


久々に熱い!小説を読んだ気がする。
面白い!!というのとはまた少し違う。
描き足りない部分があると思うし、ちょっと無理があるんじゃないかなというところもあるし、その場面でそれをするのはちょっとお決まりすぎないかしら、と思うこともある。
だけどこの小説は最初から最後まで走りきった感じ。
無理にかっこつけたりしないで、つきすすんだ感じ。
そういう意味で、すごく好きな作品でした。
23:42 | か行(垣根涼介) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ