<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
最後の瞬間のすごく大きな変化
評価:
グレイス・ペイリー
文藝春秋
コメント:40年の間に出版したたった3冊の本で、アメリカ文学界に名を残したグレイス・ペイリーの短編集。

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:小説全般
 
はっきり言って難解なので私には分からなかった。
文学的が「すぎる」という印象。
文学をするのに文学的過ぎるって、自分で感じててなんじゃそりゃと思ったが。

彼女の本を翻訳すると決めたとき、アメリカ人に「あの癖のある文章が日本語に訳されるなんて、信じられないね」と言われた、と訳者村上春樹があとがきで述べているし。

作者さんは詩も書いているらしいので、文章もなんとなく詩的な感じ。
普通の物語と思っていつものペースで読み進めてしまって、気がつくと話の流れについていけなくて慌てて前のページに戻る、ということを何度も繰り返しつつ読んだので、けっこう時間がかかった。

でもなんとなく「短編の醍醐味」っていうのが、こういうものなのかなあー、というのを感じられた気がする。
22:51 | 海外(グレイス・ペイリー) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ