<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
箱男
評価:
安部 公房
新潮社
コメント:ダンボール箱をかぶり生活するようになった男が、その覗き穴から窺う世界と、ぐるぐると渦を巻く彼の内面世界。彼の不思議な世界の渦にのまれ、本を閉じると同時に静寂の世界にぽつりと戻される。そしてまた渦に飛び込みたいと惹かれずにはいられなくなる、魔性の物語。

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:小説全般
 
面白い。とても面白く、そして難解だ。
難解にも関わらず、途中で投げ出す気には一切ならない不思議な本だ。

私のもちあわせた脳みそで一読しただけでは
なんの感想も述べることが出来ない。

リゾート地かどこかで、波や風のさざめきを聴きながら
時間をかけて読み直したい
そんな本。

20:11 | あ行(阿部公房) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ