<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
船乗りクプクプの冒険
評価:
北 杜夫
集英社
コメント:「船乗りクプクプ キタ・モリオ著」 ベラボーに安いという理由でこの本を買ったことがそもそもの始まりだった―。タローが目を覚ますと、そこは大海原。タローはクプクプになってしまっていた!こんなに「へんちくりん」という言葉が似合う作品も珍しい。

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:小説全般


荒井良二さんの表紙を見つけて即購入決定。
だって、荒井さんが表紙絵、この題名だったら
可愛い童話的な中身を想像するじゃないですか!
トム・ソーヤの冒険、みたいな。

いや〜騙されました(笑)
でも後悔はしてません。
だって表紙が荒井良二だから(笑)

面白い、というよりは失笑してしまうような 
気の抜けた物語だった。
10:53 | か行(北杜生) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ