<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
深紅 (講談社文庫)
一家殺人事件の生き残り、奏子が正体を隠して犯人の娘の未歩に近づく。

うーーーーーん。
リアリティに欠ける、かなあ。
家族を殺されたカナコの生き様というか、
考え方というか、
心の傷のありようとか。

なんかしらないけど未歩の夫を殺す計画に
カナコも加担することになるわけなんだけど
トリックもよくわかんないし
そしてこんなに長い必要があったのかひら。

でもなんか賞とってる。
まあ、つまらなかったわけではないです。
でもものすごく面白いわけでもなかったです。
00:01 | な行(野沢尚) | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ